スタイリストになる

婦人

一番近い道は

スタイリストは、テレビや雑誌、カタログやショー等でモデルやタレントのファッションをチョイスし、それをコーディネートする職業です。着る人のスタイルにピッタリ合うファッションを選ぶだけでなく、流行や自らのセンスを加えたコーディネートで多くの人の目を引きつける仕事とあって、ファッション好きでスタイリストに憧れる人は少なくないでしょう。スタイリストになるために必要な資格は特にありませんが、かといってファッションに関する知識や業界を全く知らない状態では、その道に足を踏み入れることすら困難です。そこでスタイリストを目指す人の多くは、服飾系専門学校に入学し、そこでスタイリストとして必要な知識とスキルを学んでいます。服飾系専門学校がスタイリストを目指す人に人気なのは、ファッションについての知識とコーディネートスキルを学べるだけでなく、現在のファッション業界を身近に知ることができるのも大きな理由の一つです。多くの専門学校では、現役のトップスタイリストが講師となり、最新のコーディネート術を指導しています。これを学生は実際に目で見て覚えることができる他、講師を通じて業界の情報を知り、さらにツテを得ることが可能になるのです。こうした業界とのつながりから、専門学校を修了後スタイリスト事務所への就職に結びつくことになります。このようなことから、スタイリストへの道の一番の近道は服飾専門学校で学ぶことと言われているのです。なお、服飾系専門学校は全日制のコースだけでなく、社会人等が通いやすいように夜間や土日などの休日に集中して学ぶコースを設けているところも存在しています。