メイク

メイクのプロになる

メイクアップアーティストになるには必要な知識と技術を学ぶためにメイク専門学校に通うことが勧められます。メイク専門学校では基本的に理論とそれをもとにしたネイク術を実践する実習を学びます。メイクコンテストやショー等のイベントで自分の技術を発表し仲間と競い合うことで向上心やスキルアップを図ります。

詳しく見る

婦人

スタイリストになる

スタイリストになるために資格は必要とされていませんが、ファッションの知識や業界を知るために服飾系専門学校に通うことがおすすめです。服飾系専門学校が人気なのは知識やコーディネートスキルが学べるだけでなく講師を通じて業界の情報が得られ、さらにはツテが得られることにより就職が有利になるからです。

詳しく見る

ファッション

選択コースを確認する

東京にはファッション専門学校がたくさんあるので、ファッション関係の仕事に就きたい人におすすめです。ただし、入学前には費用やコースなど、きちんと確認してからにしましょう。選択を間違えないようにすることがポイントです。

詳しく見る

ネイル

学費以外も考える

ネイリスト検定の合格を目指すのならスクールに通学することが有力な選択肢になりますが、学費だけで選ぶのはあまり良くありません。きちんと計画を立てて検定合格のサポート体制や継続的な通いやすさなど総合的な観点からスクール選びをするべきです。

詳しく見る

化粧品

美容全般かメイク特化か

メイクアップアーティストを目指すなら、メイク専門学校に行くと良いでしょう。美容師を養成するコースに併設されるときは、2年間で200万円以上かかるでしょう。メイクのみ学ぶのであれば、半年ぐらいで50万円程度の所もあります。

詳しく見る

技術を認定する試験

ネイルチップ

筆記試験と実技試験

仕事の中には、この資格がないとできないものがあります。医師や看護師、弁護士なども資格がないと仕事ができません。ではネイリストとして仕事をするには何か資格が必要かですが、今の所その必要はありません。これまで全く何もしていなかった人でもなろうと思えばなれます。ただ、現在はネイルサロンや美容サロンなどでも爪の手入れの人気が高まっています。ただ削ればいい、塗ればいいわけではなく、爪のケアを考えながら行う必要があります。国家試験ではないものの、民間団体が認定する資格としてネイリスト検定があります。複数ありますが、厚生労働大臣が認定している大きな団体が行うネイリスト検定が人気です。こちらでは級による判定をしていて、1級が最も高い知識と技術を持っていると認定してくれます。持っていなくてもネイリストとしての仕事はできますが、ネイリストとして採用されるときにネイリスト検定を持っているかどうかが問われるときもあるようです。ネイリスト検定は1級から3級まであり、3級は義務教育修了者なら誰でも受験ができます。2級は3級合格者しか受けられず、1級は2級合格者しか受けられません。それぞれの試験は筆記試験と実技試験からなります。資格取得のための勉強方法として、一応通信教育などでも講座が用意されています。3級ぐらいなら通信教育の口座でも実技を突破できるかもしれません。しかし2級や1級となると高度な技術が求められるため、専門学校に通ったり上級者からの指導を受けた方がいいかもしれません。